Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
New Entries
Archives
Categories
Facebook
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2016.12.03
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | -
2013.08.05
お白石持ち

定期的にリスザルたちを補定して爪の掃除と爪切りをする二見シーパラダイス


                 
二見シーパラダイスのリスザルたちはみんな爪切りが大嫌いで
すんなり切らせてくれずスタッフが軍手を2重にはめて
咬まれても大丈夫なようにしてつかまえて切ります



チビまるこちゃんのあのドヨ〜ンとした影の線が見えるぐらい落ち込むリスザルたち



それでもなんだかんだと強制的に爪を切って、
ウメくんの次はスミレちゃんの番です

そのスミレちゃん。。。ちょっと驚くぐらい なぜか色っぽかったです

よ〜く見てみて下さい



なんか誰かに似てるんですが出てこないですね〜
スミレちゃんは爪を切られている時もなんか色っぽいので



ちょっと笑えました


P.S

さてさて。
「お白石持ち」の続きですが、最後です

伊勢神宮の宇治橋の横からエンヤ曳き一発で引き上げてからそのままお白石を奉納し

その後。
なんと1人1つずつお白石を持って 
新正殿の中まで入って行って石を置くことができるのです



今の正殿にも入ったことがないのに、新しい正殿の敷地内まで入って行って石を置いて
正殿の後ろの鳥居から外へ出るのですよ テンションあがりません?



伊勢神宮に参拝したことがある方は分かると思いますけども
正殿の中にはなかなか入れませんよね

階段を上がってすぐのお賽銭箱の前までしか行けないですが
お白石持ちの時はそのまま入り口をくぐって堂々と正面から入って正殿の目と鼻の先の真ん前まで行けます
そして正殿の真横を通って正殿の裏に行き、そのまま裏の鳥居から敷地を出ます



なんせ撮影禁止なので写真や動画で説明できないのがもどかしいですけど
正殿の中に入って自分の目で中を見れる機会なんて絶対に無いですから、
このお白石持ち行事にはなんとしてでも参加したかったのです

興味があろうと無かろうと、
次に参加したいと思ってたら20年後まで待たないといけませんので
この機会にズドーンと参加するのです


ここでちょっとお白石持ちの川曳きの楽しみ方ですが

川曳きと言ってもただ単に曳いているだけではなくて、
ちゃんと楽しみ方があるのでございます

まずオーソドックスに「水かけ」
これは川曳きならではの遊びで、陸曳きではできません


こけている人も居ますね  川の底は藻で滑りますので気をつけましょう

次に 練る(ねる) というのがあります

川曳きでも陸曳きでも練って練って練りまくるととっても疲れます

曳いている綱をみんなで練って遊びます


みんなで閉じたり


今度はひらいたりして遊びます


あともう一つ
綱をグルングルン回す遊びもあり


このブンブンまわし始めると開いたり閉じたりする合図です

みんな楽しそう参加してるでしょ


老若男女問わず 大人から子供まで楽しめる遷宮行事


どうですか?
参加したくなりませんか?



伊勢神宮にお参りの際は、

あ〜このお宮の材料の 木 は「お木曳き」で 
この地面に敷き詰めている 白石 は 「お白石曳き」でみんなが奉納したんだな〜 
と考えてみてください


この週末は 陸曳き に参加しようと思います


| 18:06 | リスザル | - | - | -
2016.12.03
スポンサーサイト
| 18:06 | - | - | - | -

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.