Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
New Entries
Archives
Categories
Facebook
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2016.12.03
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | -
2015.01.20

以前にも載せましたがバンドウイルカ・チャオちゃんの大よだれを

もっとすごい時を撮りたくてずっと追ってました

だいぶ前に、大量よだれを出しながらクルクル回ったチャオがデンデン太鼓みたいになっていた・・・と書きました

それを撮りたくて何度かチャレンジしましたが

撮ってる時に気付いたんですが よだれが透明なのでなかなかうまく撮れません

上の写真のよだれとか分かりますかね?

下の写真もよだれの様子をアップにしてみました

映像ではなく、生で見るとキラキラしていてきれい?なんですけどね

動画だと↓↓↓また見にくいんですわ


よだれの乱れ打ちでした


今日1/20の夜はみなさんロンドンハーツを見て下さいね 二見シーパラダイスもちょっとだけ出る予定です


P.S

一昨年、式年遷宮を終えた伊勢神宮 

そして昨年は遷宮を終えて一番ご利益パワーがある「おかげ年」でした

さて今年はどうなっているのかと思って初詣に行ってきました


 内宮さん前のおはらい町は相変わらずの賑わいでしたが今年のお正月は昨年の半分ぐらいの人だったみたいです

そんな伊勢神宮さんに行きまして、今まで何回か伊勢神宮特集的なことを書いてきましたが

今回は内宮さんの敷地内にある 「石」 についてご紹介します

内宮さんの宇治橋を渡って少し歩くと右手に御手洗場が見えてきます

その御手洗場の少し奥の右手に木で囲った敷地がありまして

実はここにも神様が鎮座していらっしゃいます

こちらの神様は 瀧祭神(たきまつりのかみ)という神様でして

内宮を囲むように流れている五十鈴川の水源の神様でして

社殿を持たない神様でして、神体である石を直接見ることができる珍しい神社です

地元の人には「おとりつぎさん」として親しまれていて、

内宮(正宮)に詣でる前に滝祭神を参拝すると天照大御神に願い事を取り次いでもらえると言われています


そして瀧祭神さまに挨拶をしてもう少し正殿の方へ歩いていきますと立派な神楽殿が見えてきて

その神楽殿を過ぎてすぐの角を左に曲がると

縄?で囲った場所に石があり、榊が1本立っています

こちらに鎮座するのは「四至神」(みやのめぐりのかみ)と言う宮域の境界の守護神で

邪悪な者から御正殿、及び宮域、神域を四方からお守りする神様です


さて、そのまま神楽殿をまっすぐ進むと天照大御神が鎮座する正殿に到着し

感謝の気持ちを伝えて次は天照大御神の荒御霊を祭っている荒祭宮(あらまつりのみや)へ参拝するのが順番です

正宮ではお願い事をせずに感謝の気持ちを伝え、お願い事は荒祭宮でします

荒祭宮に行くには正宮の裏を通って左折し、


階段を下りるのですが

その階段の途中にも石があります

ね。不自然に石が飛び出ているでしょ

こちらは 踏まず石 とか 踏まぬ石 とか言われる石で

」の字のように見える石で 名前の通り踏んではいけません

踏まぬ石は天から降って来たと伝えられています


内宮さんに参拝した際にはご紹介した石(神様)たちも探してみて下さい

| 15:04 | イルカ | - | - | -
2016.12.03
スポンサーサイト
| 15:04 | - | - | - | -

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.